最後の忠臣蔵 あらすじ - ドラマやトレンド商品のすすめ

最後の忠臣蔵 あらすじ

テレビドラマや映画となった最後の忠臣蔵あらすじ紹介。

池宮彰一郎の代表作「最後の忠臣蔵」とは、
いったいどんな物語なのかあらすじが気になりますね。

最後の忠臣蔵は、江戸時代に起きた元禄赤穂事件の
生き残り赤穂浪士(あこうろうし)に
スポット当てた物語となっている。

ちなにみに赤穂浪士は47人いて、最後の忠臣蔵では
寺坂吉右衛門が主役です。

最後の忠臣蔵の小説・DVDはこちら >>

【最後の忠臣蔵 あらすじ】

46人の赤穂浪士が吉良上野介邸に討ち入り。

しかし、討ち入りも無念に終わり皆切腹したのですが、
「最後の忠臣蔵」主人公である寺坂吉右衛門は、
ある使命のため逃げ生き残った。

寺坂吉右衛門と同様生き残ったは、討ち入り前夜に
すでに逃亡した瀬尾孫左衛門。

逃亡した者と生かされた者が16年ぶりに再開した
ことで、最後の忠臣蔵の物語は明かされていない
謎を知っていくことになる・・・


最後の忠臣蔵の小説・DVDはこちら >>



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ドラマやトレンド商品のすすめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。